スマホ修理を行う前に実践したい事や知っておきたい事とは?


修理前にデータをバックアップ

スマホ修理をお願いする前に実践したいのがデータのバックアップです。専門店の修理スタッフは細心の注意を払ってスマホを分解します。丁寧にパーツを確認し、問題のある部品を新品の物に交換してくれます。その過程でどうしても、デリケートな部品に触れなければいけない事があります。その際、何かの拍子で内部のデータが破損する確率が僅かではありますが発生しますので、ユーザーは万が一のリスクに備えておきましょう。スマホによってはSDカードやフラッシュメモリーなどの外部メディアが利用出来ます。本体に設置されたスロットに外部メディアを挿し込み、そちらに重要なデータをコピーしましょう。大容量のSDカードやフラッシュメモリーを使えば保存していた動画や画像を丸々コピーできます。

またOSによっては外部メディアが使いにくい事があります。その場合は、自宅のパソコンにバックアップデータを転送する方法が効率的です。スマホとパソコン本体を接続すれば、バックアップを取りたい画像や動画データなどが転送出来ますし、パソコンのHDDであれば大量の情報が無理なく保存出来るでしょう。他にはクラウドストレージを利用する方法もあります。クラウドに転送する方法ならパソコンや外部メディアも不要です。Wi-Fi回線など、タフでスピードの良いネットワーク環境が必要ですが、本体に保存されていた数々の情報を無理なく短時間で預けられるのがクラウドのメリットです。無料で使えるサービスでも大容量のクラウドストレージが借りられるので安心です。

画面割れの修理に掛かる期間は長い?

スマホが壊れる原因で最も多いと言われるのが、液晶パネルの破損です。デリケートに作られている部分であり、そこに強い衝撃を受けると、ひび割れが起きたり、粉々に砕け散ります。画面割れ修理に掛かる期間ですが、いわゆる一般的なひび割れの程度であれば、平均1時間で作業が完了します。お店の混雑具合やスタッフの勤務人数などによって、若干左右されます。それでもパネルの交換は、スマホ修理の中では比較的難易度が低い作業であり、熟練のスタッフから30分程度で終わる事も多いです。例えば朝出かける時にスマホをお店に預ける事で、お昼から夕方の頃にはきちんと綺麗に直ったスマホが受け取れます。旧世代のスマホであったり、少しマイナーな機種の場合、交換部品が店舗にない恐れがあります。その場合は部品取り寄せに時間が掛かり3日から一週間ほど、画面修理に掛かるので、この場合は要注意です。

スマホ修理の心斎橋駅近店は、駅から徒歩3分という好立地なので、気軽に行くことが出来ます。メールで、修理に関する相談もできます。